TOP > セキュリティ システム > ネットワーク セキュリティ
ファイアウォール
外部からの不正アクセスやウイルス・スパイウェアなどの防止には、ファイアウォール機能が最適です。
ネットワーク機器のユーザー認証
[ ユーザー認証 ]
8桁までの数字によるユーザーコード認証とログインユーザー名・パスワードを使ったユーザーを認証するので、個人識別が可能です。
[ 機能利用制限 ]
コピー、プリンター、スキャナー、ドキュメントボックスなどの機能について、登録ユーザーごとに利用制限を行えます。
[ ICカード認証 ]
ユーザー認証に加え、ICカードによる個人認証が可能です。ログイン名などの情報入力作業を軽減できるとともに不正利用の防止にもつながります※オプションです。
不正コピー抑止地紋印刷機能
出力の全体に特殊な“地紋”を埋め込んで印刷することにより、コピーすると埋め込まれた牽制文字が浮かび上がります。
また、不正コピーガードモジュールタイプB(オプション)を装着することで、用紙一面をグレーに印刷して情報漏えいを防ぎます。
暗号化システム
印刷などのアクセス時に、通信データを暗号化することにより、パソコンとプリンターやフルカラー複合機の間での情報の漏えいを防ぎます。
HDD残存データ消去(オプション)
コピーやスキャニングの原稿読み取り、パソコンからの出力などによるHDDの残存データなどを上書き消去することが可能です。
※オプションです。